がーくんのブログ

本とか音楽とか野球とか

#生駒里奈卒業コンサート ライブビューイングに行って感じたこと

2018年4月22日、僕の推しメンである乃木坂46生駒里奈さんが卒業コンサートを行った。

武道館のチケットは取れなかったが、近所の映画館のライブビューイングはなんとか確保した。乃木坂のライブに参加したこともなければ、ライブビューイングという形態も初めて。サイリウムも推しメンタオルも持っていない。乃木坂を好きになったのは2015年あたりからなので古参のファンの方に比べれば知らないことも沢山あると思う。

でも、生駒ちゃんの卒コンは何としても見たい。そう思って映画館に足を運んだ。

シアターに入ると思ったより多くの人がサイリウムや推しメンタオルを持っていてちょっと圧倒された。あと隣のJKがかわいい。4期生オーディション受けてほしいレベルでかわいい。

開演。

M1『乃木坂の詩』を聴いた瞬間から泣きそうになるのを必死でこらえる。

ヘタだった『水玉模様』

M4『水玉模様』

生駒ちゃんのソロ曲。ハッキリ言って生駒ちゃんは歌がうまくない。この日もけっこう音を外していた。この曲を歌い終えた生駒ちゃんはこう言った。

「私は最後までこんな感じかぁって思いながら歌ってました。味って言ってくれるのってここにいる人だけだから。外に出たら、そんなの味って言ってくれないからさ。」

正直すぎる。アイドルが一部の人にバカにされるのも理解して、それに抗うでもなくありのままを受け入れる。この客観性を持ったのが生駒里奈だ。

秋田コンビの『てもでもの涙

M10『てもでもの涙』は鈴木絢音との秋田コンビ。僕が乃木坂のファンになったのは2015年からだが、同じ秋田出身の子がアイドルグループのセンターを務めるということで乃木坂と生駒ちゃんの存在自体はデビュー当時から知っていて気になっていた。秋田コンビの実現にライブビューイング会場でひっそりとテンションが上がる。

この曲はかつて渡辺麻友と生駒ちゃんがAKB劇場で歌っていた映像を見たことがある。この日は渡辺麻友のポジションに生駒ちゃん、生駒ちゃんのポジションに絢音ちゃんが立った。絢音ちゃんは今年アンダーセンターも務め、選抜入りまでもう一歩。ただ、謙虚すぎて主体性に欠けるようにも見受けられ、あとちょっとが足りないメンバーだ。その謙虚さが魅力でもあるから難しい。かつて麻友さんが生駒ちゃんを支えたように、今度は生駒ちゃんが絢音ちゃんに最後のメッセージを送っているように見えた。

生生星

ライブ中盤、生生星(生田絵梨花生駒里奈星野みなみ)*1によるMC。この並びがたまらなく好き。デビュー当時や制服のマネキンをリアルタイムで見ていた人からすると何を分かったふうにと言われそうだが、好きなものは好きだからしょうがない。M14『あらかじめ語られるロマンス』は乃木坂の曲の中で1,2を争うほど好きな曲で、見れて嬉しかった。しれっと万理華ポジションに入ってる真夏さんで笑う。

バナナマンからのメッセージ

VTRパートで乃木坂公式お兄ちゃんであるバナナマンからのメッセージ。乃木ヲタ界隈では設楽さんからのメッセージがグッときたと話題だ。

生駒、乃木坂に入ってくれてありがとう。

僕もこれを読んだ瞬間、右目から涙が流れた。この設楽さんの言葉は乃木ヲタの総意だと思う。

ただ、個人的には日村さんからのメッセージに思わず頷いた。

乃木坂が歌うときは、いつも生駒を探していました。

パフォーマンス力が高く、インフルエンサーのイケメンな生駒ちゃんも、太陽ノックのリボンをつけたかわいらしい生駒ちゃんもどっちも好きで、歌番組ではまず生駒ちゃんに目を奪われていた僕の気持ちを、日村さんは代弁してくれた気がした。

日村さんは以前、番組開始当初の思い出を聴かれ次のように答えている。*2

秋田の田舎から出てきて東京に馴染めなかったショートカットの生駒里奈と笑い方と面白さが際立った高山一実。この2人は最初の頃すぐに覚えました。

正直生駒ちゃんよりかわいいメンバーはいる。でも日村さんの言う通り生駒ちゃんはとにかく目立つ存在なのだ。生駒ちゃんは乃木坂のアイコンだった。 

制服のマネキン』で泣いていた桜井玲香

本編最後は生駒ちゃん曰く自身の“代名詞”である『制服のマネキン』。メンバー泣くのをこらえ気丈にパフォーマンスしていた。

キャプテン・桜井玲香を除いては。

彼女だけは涙をこらえられず表情が歪んでいた。それを見て僕も泣いた。キャプテンと初代センターとしていろんなものを背負ってグループを引っ張ってきた2人。生駒ちゃんがAKBを兼任したとき、総選挙への出馬を相談し背中を押したのも桜井。犬メンでもある2人。きっと2人は、友達やメンバーというより、もっと深いところで繋がった「戦友」なんだと思った。

「思ってしまった」生駒里奈

アンコールのMC

私は上手くなりたいと思ってしまった。もっともっと険しい道を上りたい、進みたいって思った。こんなに充実しているのに、こんなにすごい場所なのに。でもそれよりも私は上手くなりたいと思った。この世界に夢を持ってしまった、その先に続く夢を掴みたいと思ってしまった。

この言葉を聴くまで、僕は生駒ちゃんの卒業という決断を素直に応援できないでいた。「卒業は寂しいけど生駒ちゃんの決断を尊重して応援するよ」なんて言葉はキレイ事だと考えていた。生駒ちゃんの卒業がイヤでイヤでイヤで仕方がなかった。

でも、これを聴いた瞬間、心の底から一点の曇もなく生駒ちゃんの決断を応援しようと思えた。彼女に目標があるならそれを追ってほしい。目標に向かって走る生駒ちゃんを僕はこれからも応援したい。

君の名は希望

ダブルアンコール、秋元康からメッセージで『君の名は希望』は生駒ちゃんにあて書きしたことが示唆された。正直これは後付設定だろう。ただ一方で、生駒ちゃん自身はこの曲が渡された当時のことをこう語っている。*3

「最初に聴いたとき『自分のことを歌ってる!』って思いました。クラスの人になじめなくて、図書室で『ハリー・ポッター』とかの物語の中に浸ってた自分だって。だから、この曲が歌えるんだと思うんですよ。
乃木坂って、どこかしら陰があるコが多いんです。だから、『私もそうだったよ。大丈夫だよ』って包み込むことができそうだなって。元気で前向きな人に『大丈夫だよ』って言われても『それはあなただからだよ』って思うけど……乃木坂46が歌うんなら『頑張ってみようかな』って思えるんじゃないかなって」

今では、生駒里奈という名は多くの人の希望になった。

主人公・生駒里奈のエピソードは第2章に入る。

次はどこで会えるかな。

そして隣のJKが4期生のオーディションを受けて未来の乃木坂を創ってくれないかな。

 

 

 

*1:生生星ってGoogle日本語入力で一発変換できるのか

*2:『別冊カドカワ 総力特集乃木坂46 vol.4』

*3:乃木坂46物語』