がーくんのブログ

読書とか音楽とか野球とか

2017年ドラフト 千葉ロッテはまたしてもスターを獲得できなかった

指名結果

1  ☓清宮幸太郎(早稲田実業) 内野手
外1 ◯安田尚憲(履正社) 内野手
2  藤岡裕大(トヨタ) 内野手
3  山本大貴(三菱自動車岡崎) 投手
4  菅野剛士(日立製作所) 外野手
5  渡邉啓太(NTT東) 投手
6  永野将司(ホンダ) 投手
育1 和田康士朗(BCL富山) 外野手
育2 森遼大朗(都城商業) 投手

指名選手を含めたチャートは次のとおり。

f:id:ga_kun:20171026220241p:plain

短評

1位 清宮幸太郎

ロッテに必要なのはスター。その意味で、逃げずに清宮を指名した姿勢は評価したい。
清宮を獲得することで、露出が増える→ファンが増える→露出が増える…という正のフィードバックがはたらけばどんなに良かったことか。

外れ1位 安田尚憲

清宮の真の良さはミート力で、長打力だけなら清宮より安田のほうが上と評価している。しかし、足肩守備に特徴がなく、どこまで安田を我慢して起用できるか。バットで結果を残すしかないタイプ。これが清宮であれば、その人気から我慢して使わざるを得ない状況になる。ここが安田と清宮の差である。安田にはスター性が足りないのだ。もちろん安田が将来スターになる可能性は否定しない。しかし、小学生のときから有名人だった清宮とは根本的に違う。
T-岡田山田哲人を排出した安心と信頼の履正社ブランドに期待といこう。
井口福浦今岡巌ラインなら育成成功する。はず……。きっと……。

2位 藤岡裕大

個人的に今年のドラフトで評価が高かったのは清宮、中村、増田、近藤の順。増田が残っていたのだから指名してほしかった。
藤岡はバッティングについては1年目から通用すると睨んでいる。ただ、腰高で待って捕るクセのあるショート守備は疑問視している。1年後には強肩を活かして外野コンバートなんてことにならないといいが。
とは言えバッティングと身体能力は確かなので、どのポジションに適正を見せるかによって現有戦力のクビを左右する存在になるだろう。

3位 山本大貴

左腕は確かに補強ポイントだがムリして指名しなくても、と感じる。MAX148km/h程度ではいまどき平凡。
コバアツスカウトの「即戦力だがまだ伸びしろがある」というコメントが、中途半端なピッチャーというのを示唆している。

4位 菅野剛士

50m6.0秒、一塁到達4.3秒、遠投105mという可もなく不可もないスペック。大学通算86安打28二塁打、日本代表で打率.318の中距離ヒッター。良くも悪くもこれ以上ないくらいロッテっぽい。清田を追い出すほどの活躍を期待したい。

5位 渡邉啓太

指名されるまで知りませんでした。
右投手でMAX145km/hなんてどうして指名しちゃうかな。ロッテに必要なのはパワーピッチャーですよ。

6位 永野将司

と思ったら左のパワーピッチャーをここで指名。この順位で指名できちゃっていいんですか?
社会人投手ではトップクラスに欲しかった選手で、プロ側の低評価に驚いた。
暴れ馬なうえに宇宙人キャラらしいので、ロッテの雰囲気を変える存在になってほしい。

育成1位 和田康士朗

柳田、森、吉田正尚と球界のトレンドである左打ちのフルスインガー・体重70kgほどの細身・およそ聞いたことのない独特の球歴・独立リーグ…いかにも育成枠らしい指名。
菅原指名から退団までの経緯は詳しく知らないが、和田はまだ身体ができあがっていないため、最低3年は猶予を与えていい素材。

育成2位 森遼大朗

指名されるまで知りませんでした。
山森スカウトが二木の二匹目のドジョウを狙ったか。高卒選手は精神安定のためにも指名するなら2人以上、という考えなので安田の話し相手を指名しないのかと最後までヒヤヒヤした。

全体的な印象

前回の記事では指名予想を四番、二遊間×2、外野2、ほか投手とした。

ga-kun.hatenablog.jp

育成枠まで含めても、二遊間の選手がひとり足りない。しかも藤岡のショート守備は通用しないだろう。結局、平沢が成長しないかぎり二遊間に悩む時間は続いてしまう。

全体的には、いい選手が多いけどミーハー成分が足りない指名だな、と。ロッテ最大の補強ポイントである「スター」は結局指名できなかった。

 

いろいろと文句の多い評価になってしまった。もちろん全員がいい意味で予想を裏切ってマリーンズの未来になれば、こんなに嬉しいことはない。

安田指名したけど、村田さんは獲得しないのかな……