がーくんのブログ

読書とか音楽とか野球とか

【書評】東芝解体 電機メーカーが消える日

 

ナニこの本おもしろい。

というのが一読した感想。著者の取材量、歴史理解、考察の深さに驚嘆。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)』をモチーフに、日本の電気産業の成り立ちから現在の敗戦までを構造的に考察している。

特に、各メーカーの社長や会長の実名を挙げ、権力者たちの闘争・選択・決断を明らかにし、どこでどうミスしたのかを歯切れよくズバズバと指摘していく筆運びは圧巻。

電機メーカー、否、どの業種であれメーカー系への就職を考えている大学生には強く推薦したい一冊である。

電機メーカー敗戦の理由

 序章:日本の電機メーカーが負け続ける「本当の理由」

は38ページしかないが、ここだけ読んでもこの本の面白さとエッセンスが詰まっている。

かいつまんで言うと、日本の電機産業はNTTを頂点とする「電電ファミリー」と、電力会社を頂点とする「電力ファミリー」によって成り立ってきた。NTTや電力会社からの設備投資によって各メーカーがインフラをつくる。そこで十分な儲けがあるから家電やパソコン、半導体、携帯電話に手を出し「総合電機メーカー」が乱立する。

しかし、このシステムが瓦解をはじめる。

冷戦終了によりアメリカは日本を庇護するのではなく競争相手とみなし、通信自由化と電力自由化を迫る。さらにリーマンショック東日本大震災福島第一原子力発電所事故といった変曲点を経て、90年代には電力・通信事業者それぞれ4兆円ほどあった設備投資額が10年代には2~2.5兆円にまで減額される。

ところが「総合電機メーカー」には世界で戦える尖った製品がない。

結果、日本の電機メーカーはグローバル化に飲み込まれ半導体、テレビ、スマホと敗戦を繰り返す。

これがおおまかな流れである。

旧日本軍敗戦との共通点

そして筆者は電機産業の敗戦を旧日本軍の敗戦と重ね合わせる。

シャープの堺工場とパナソニックの尼崎工場は、第二次世界大戦時に日本軍が建造した戦艦、大和と武蔵によく似ている。
日本の軍事技術の粋を集めた大和、武蔵は史上最大の戦艦であり、強力な主砲を備えていた。しかし真珠湾攻撃で日本の戦闘機に戦艦を沈められた米国は大鑑巨砲のもろさを学び、その後は装備の主眼を航空戦に置いた。そして航空機を戦場に運ぶための空母を大量に建造した。
大洋で艦隊と艦隊が向き合う海戦が展開されることはなく、大和と武蔵は自慢の主砲を満足に使う間もなく、海の藻屑と散った。
資源が乏しい日本は短期決戦を望み、大鑑巨砲で一気に決着をつけようとした。しかしそれは日本の願望でしかなく、実際の戦局は長引いた。見たいものだけを見る。戦況が自分たちの思うとおりに進むと思い込み、想定外の状況に対処しようと言えば「腰抜け」と非難された。軍隊は一点豪華主義で戦略性を欠き、高性能レーダーや航空機を駆使する連合軍の新しい戦争に太刀打ちできなかったのである。(中略)スマホ革命の最中、シャープやパナソニックは国内で高精細と大画面化を競う不毛な競争を続けていた。その象徴が堺工場尼崎工場である。相手がレーダーを駆使した航空戦を仕掛けてきたのに、それを大艦巨砲で迎え撃とうとしたのだ。
日本の電機産業の失敗の本質はそこにある。

過去の歴史と今をつなぎ合わせる洞察力のある人間

サウイフモノニワタシハナリタイ。 

廃炉企業 東芝

そしてこの本を読むと、東芝・日立・三菱重工は敗戦の歴史をまたも繰り返そうとしてるようにしか思えない。

次は原発である。

どうしても原発を推進したい自民党経産省は、国内原発三社を統合するなりして原発事業なんとしても生き残らせようとするだろう。

しかし原発の新規建設は世界的に見てもなかなか進まない。ましてテスラ・モーターズGoogle再生可能エネルギーへ積極的に投資している。さらにプレ・シンギュラリティがくればバッテリの性能は格段に飛躍する。

大艦巨砲主義に陥って航空戦に遅れをとった旧日本軍。

技術独善の罠に嵌ってスマホに乗り遅れた国内電機メーカー。

原発依存に沈んだ東芝

それでも原発を推進する経産省東芝・日立・三菱重工……

「失敗の本質」はそこにある。