がーくんのブログ

読書とか音楽とか野球とか

【書評】還暦ジョッキー

年齢60、大井競馬のレジェンド、通算7000勝……

的場文男が生い立ち、競馬、家族、そして東京ダービーについて語る自叙伝。

昔の漢・的場文男

夢、努力、根性、一生懸命……

とにかくこの手の言葉が繰り返し繰り返し出る。

いまどき還暦でも珍しいんじゃないかというぐらい、昔の人だな、と。

そしてとにかくストイック。

朝は3時に起きて、調教して、7時半か8時頃には大井を出発します。第1レースの装鞍が10時頃から、最終レースまで乗ると、帰ってくるのは夕方の5時か6時です。シャワーを浴びて、夕飯を食べて、夜の7時半か8時頃には寝ます。翌朝はまた3時起きですから、そうしないと体がもちません。
だからテレビを見る暇もない。楽しみは何もない。それでも一生懸命、努力することは好きですから。そんな時代が15年くらい続きました。

さすがに60歳の今はここまでではないみたいだけど、こんな生活15年も続けられるのかという。

どんだけ競馬好きやねん。

7000勝するにはここまでしないといけないのか……

一番悔しいレース

そんな的場文男でもなぜか勝てないレース、東京ダービー

騎手生活43年、挑戦すること35回、2着9回

この本で的場文男が最も悔しい思い出として挙げているのが93年のブルーファミリー。当時は外枠希望というものがあったらしく、ゲートに難があったブルーファミリーは外枠希望で東京ダービーまで連戦連勝だった。

しかし当時スタート直後にコーナーを回るコース形態だった東京ダービーでは外枠は明らかに不利。的場文男は調教師に外枠希望を止めるよう進言していたが、調教師は目先の勝利を優先し何かと理由をつけて外枠希望を続けたらしい。

そして迎えた東京ダービー。ここまで外枠でしか走っていないので当然ここも外枠希望。単勝1.1倍断然の1番人気に押されたブルーファミリー的場文男だったが、スタートで出遅れ万事休す。

一連の流れについては的場文男がわざわざ「一番悔しい」と明言し、調教師の名前を挙げて事の顛末を細かく説明している。

よほど悔しかったのが伝わってくる。

残り短い騎手生活、なんとか悲願を達成してほしい。