がーくんのブログ

本とか音楽とか野球とか

【書評】ファクトフルネス

質問1
現在、低所得国に暮らす女子の何割が、初等教育を修了するでしょう?
A:20% B:40% C:60%

 

 

正解は質問1はCの60%。

質問1はこの本で最初紹介されている,世界の姿に関する22問のクイズのひとつだ。3択の問題なのに,多くの人の正答率は33%を下回ったという。しかも,頭のいい人ほど正答率が低かった。著者はこのクイズを「チンパンジークイズ」と名付けている。ヒトよりも,ランダムにあてずっぽうで答えるチンパンジーほうが正答率が高いことを皮肉っている。

バイアス

あなたが質問1で不正解だったのは,あなたの常識が何十年も前でストップしているからだ。人間にはバイアスがある。人間は数字に弱い。人間の脳にはどうしたってバイアスがある。ネガティブでドラマチックな見方に偏る。単純で筋のとおったストーリーこそが正しいと思い込む。指数関数的な成長を見誤る。

知識のアップデート

質問13
グローバルな気候の専門家は、これからの100年で、地球の平均気温はどうなると考えているでしょう?
A:暖かくなる B:変わらない C:寒くなる

いきなり何を当たり前の質問を,と思っただろう。あなたが質問13で正解したのは,多くの人々の啓蒙の賜物だ。つまり,質問1と質問13で問題の難度はたいして変わらない。知識をアップデートしたかどうかの差が正解と不正解を分断している。僕はチンパンジークイズで22問中20問正解だった。チンパンジーには圧勝した。これはふだん読書で得た知識のおかげだ。

いくらバイアスがあることを理解していてもバイアスはある。これはバイアスに関する名著『シグナル&ノイズ』や『ファスト&スロー』でも指摘されていることだ。だから,自分自身を批判的に見ることが大切だ。そして知識をアップデートし続けなければならない。

僕はインプットをやめたときが「老害」のはじまりだと思っている。幸いテクノロジーのおかげで,知識をアップデートするためのツールはたくさんある。まずは,この本の製作元が作成している「ギャップマインダーツール」を弄ることからはじめよう。

 

 

 

 

【書評】サピエンス異変

アントロポセン=人新世 にヒトの身体に起きた健康上の不都合を暴く本。『GO WILD』や『人体600万年史』に近い。

 

ヒトがサルと別れたのが500万年~700万年前。以来ヒトはずーっと裸足で生活していた。それが50万年前に保温のために靴を履くようになった。意外に昔から靴を履いていたらしい。

著者によるとヒトの足には20万個の受容器がある。それを狭い靴の中に押し込めた。機能は使わなければ弱くなる。この本で一貫して主張していることだ。

僕はふだん厚底のウォーキングシューズで出勤しているが,ソールの薄い裸足感覚の靴でも買ったほうがいいかもしれない。

椅子

昔のヒトは座らなかった。狩った獲物をしゃがんで食べた。椅子が普及したのは産業革命以降。座り過ぎはよくない。血行が悪化する。腰が痛くなる。生産性が下がる。とにかくこの本では座ることの恐怖を訴える。

おそらく本当の問題は、座りっぱなしが病気の1つだとは受け止められていないことだろう。医学的に言えば確かに病気ではないが、座りっぱなしは数多くの病気の主原因である。西洋ではここ数十年で喫煙者の数の経験減っていて、その理由として最も考えられるのは、タバコの健康リスクに関する知識が人々に広まったことだろう。痩せているから喫煙しても病気にならないなんてことはない。それが同じことが、身体を動かさないことにも当てはまるのだ。

僕はApple Watchを愛用している。Apple Watchは1時間座りっぱなしだとそろそろ立つよう急かしてくる。不健康はテクノロジーで予防できる時代だ。

(ちなみに僕は足首が固くてしゃがめない。)

食事

著者はCO2濃度の増加が食糧の栄養を低下させているという説を主張している。CO2が増えると光合成が盛んになる。かし土壌の栄養素は増えないので,ミネラルは減って炭水化物だけ増えてしまう。野生の動物が徐々に太っているという報告も何件かあるそうだ。この部分はたった一人の研究者の主張を紹介しているので,かなり眉唾ものだが,継続的に調査する価値は十分ありそうだ。

著者はふだんの生活から心がけるべきことをいくつか提唱している。それをすべて実践するのは個人の努力では残念ながら不可能だ。しかし,こういったエビデンスに基づいて会社や学校もシステムを変え,健康を取り戻すようにしていくのが未来だ。

とりあえず会議は立ってやろう。何より早く終らせることができるから。

 

 

【書評】人類との遭遇

韓国の女性人類学者が科学雑誌(日経サイエンスのようなもの?)で連載した記事をまとめた本。人類学はヨーロッパが盛んなので,韓国人が著者というのは珍しい。22の章は各章完結型で順序もバラバラなので,どの章からでも読み始めることができ小気味よい。人種や生態系に対する著者の控えめで,真摯で,それでいて啓蒙的―そんな姿勢が素晴らしい一冊。

 

「人類」の条件は?

ヒトとサルの違いは何か?

脳の容積?
直立二足歩行?
火?
道具?

いろいろ思いつくが,著者の主張する条件「生まれた瞬間から社会に属していること」は初めて聞いた。ヒトの胎児は母親の産道の形状の都合から,うしろを向いて生まれるらしい。母親が無理に赤ちゃんを引っ張り出したら首の骨を折ってしまう。

つまり、ヒトは誰かの協力がないと出産できない。

「おばあちゃん仮説」は有名だが,そもそも生まれながらにして高度に「社会」を必要とし,「社会」と密接に関わっているのがヒトだ。

電車で泣いてる赤ちゃんと母親を迷惑がる人はもはやヒトではない。ヒトに優しくしよう。

北京原人と日本のヤクザ

この本でいちばんゾクゾクするエピソードは断トツで北京原人の話。

北京原人1920年代に発見されたものの日中戦争で採掘が中断したそうだ。安全に保管するためにアメリカへ移す手続きがとられたが,その輸送中に行方不明に。

では、北京原人の骨はどこの誰が持っているのか?著者はあるとき北京原人にお目にかかるチャンスを得た。

招待したのはなんと日本のヤクザだった。ヤクザが北京原人の骨を持っている?どこまで事実かは闇の中。事実は小説よりも奇なりかもしれない。

ギガントピテクスはホモ・エレクトスが絶滅させた?

ギガントピテクス(学名:Gigantopithecus)は、ヒト上科の絶滅した属の一つである、大型類人猿。 身長約3m、体重約300 - 540kg[3][4]に達すると推測される本種は、現在知られる限り、史上最大のヒト上科動物であり、かつ、史上最大の霊長類である。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%94%E3%83%86%E3%82%AF%E3%82%B9

3mもあるヒトがなぜ絶滅したのかという謎に著者は興味深い解答を唱えている。

ギガントピテクスは竹を主食としていた。競争相手はパンダだけ。そこにホモ・エレクトスがギガントピテクスの生息域にやってきた。ホモ・エレクトスは竹を食べない。ならばホモ・エレクトスとギガントピテクスは共存する?いやいや,ホモ・エレクトスは道具をつくった。竹を槍などの道具づくりに使った可能性がある。竹は化石には残らない。

証拠はない。しかしホモ・エレクトスが森林破壊をしてギガントピテクスを絶滅させたとしたら?環境破壊は太古の昔にもあったのかもしれない。

人種差別

私は学校で、韓国人の祖先は北東アジアないしシベリアから来たと習いました。韓国人にとって、アジア大陸の北東端で暮らしていた人々の子孫だという話はまんざらでもありません。ですが、祖先が東南アジアから来たと言われたらどう思うでしょうか?祖先が色黒で小柄だったという話を、韓国人は嫌がるでしょうか?仮に嫌がるとしたら、その抵抗感のおおもとは、今の多くの韓国人が東南アジアの人々に対して抱いている人種差別的な偏見なのではないでしょうか?そうした態度が、20世紀初頭のヨーロッパ人がネアンデルタール人に対して抱いていた偏見と、どう違うというのでしょう?私たちは物事を科学的に判断しているという自己イメージを抱いているかもしれませんが、過去や祖先に関する疑問を追求する際には、社会的な自己イメージがその姿勢に偏見をもたらすことを忘れずに手に入るのも大切です。

これは重要な視点だ。人間にはどうしたってバイアスや偏見がある。それが科学的探求にも影響を与えてしまうかもしれない。人類学や遺伝学の解き明かす真実が,自分のイメージとかけ離れたものだったら?

科学が明らかにする真実は,自分の浅はかさに気づかせてくれる。

買ってよかったもの2018

捗るヲタ活。

FPリュック

www.asmart.jp

PCやタブレットを入れるポケット。

少ポケット6個くらい。

水筒を安心して入れられる深めのサイドポケット。

しかも大容量。

そして何より荷物たくさんでも軽く感じる。

無印のPCリュックが話題になったけど、このFPリュックはアーティストグッズとは思えないほどの多機能実用性。

遠征のお供に大活躍。

乃木撮

 

買って半年経つけど定期的に読み返す。

多幸感。

眼福。

2冊目も期待。

推しメンマジイケメン。

50GBのBlue-rayディスク

 

PayPayで購入。

25GBだとDR画質で3時間ちょっとしか録画できない。

50GBなら4時間30分の紅白歌合戦も分割せずにまるっと録画。

昭和93年12月31日のポリリズム

ポリリズム(英: polyrhythm)は、楽曲中、または演奏中に、複数の異なる拍子が同時進行で用いられている音楽の状態の事である。ポリリズムのポリは「複数の」なので「複数のリズム」を意味する[1]。

ポリリズム - Wikipedia

Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」 カウントダウン公演

20:45

Perfume登場。
いきなりお客さんの前で紅白リハーサル。
紅白では『Future Pop』とある曲とのメドレーと事前に報じられていた。

ポリリズムか?
チョコレイト・ディスコか?

 

聴こえてきたのは『エレクト・ロワールド』。

 

まさか。


エレワはPerfumeブレイク前の2006年にリリースされオリコン最高77位の曲。
でもライブでは毎回必ず歌って盛り上がる、Perfumeにとってもファンにとっても大切な曲。
それを12年の時を経て紅白で歌う。

 

まさか。

 


既に興奮を抑えきれない。

リハ後、お客さんの声援に本番前から泣くあ~ちゃんw

それみてもらい泣きしそうになる僕。

 

21:00

DA PUMP 『U.S.A』。
会場から自然と沸き起こる手拍子。
イイねダンス👍に加え「FuFu~♪」の掛け声。

いきものがかり 『じょいふる』。
Perfumeタオルを振り回す。

超楽しい。

 

21:15

紅白の中継直前。
Perfume(というかNHK)から「NHKさんは盛り上がってる様子が欲しいみたい」と注文。

ああ、そうか。

今こそPerfume元気玉を届けるときだ。

 

21:30

紅白本番。

エレワの間奏。
あの掛け声は凄まじかった。
今まで感じたことのない一体感。
Perfume本人でもないのに、ただのファンなのに、感動した。

紅白に1/12000として参加できた。

少しでもPerfumeのチカラになれた。

Perfumeと年越しを共にしている。

 

23:40

Perfume自身11年ぶりのカウコン。

2018年の最後に選んだ曲はポリリズム

 

思わず「おぉっ」と声が漏れた。

 

よくわからないけど感動した。

 

11年前、Perfumeをブレイクに導いた曲。

Perfumeが初めて紅白で披露した曲。

僕がPerfumeを初めて知った曲。

 

第69回NHK紅白歌合戦

1月1日。

録画した紅白を見る。
サブちゃんの『まつり』で既にお腹いっぱい。
これ以降のアーティストがオマケにならないか?
なんて心配していたら、ユーミンで感動して泣く。
もうこれが大トリでいいくらいの満足感。
と思いきや星野源と米津玄師が時代を更新する。
さらにMISIAが『つつみ込むように…』を歌ったり、
石川さゆり布袋寅泰ベテランふたりが誰よりも挑戦的なパフォーマンス。

 

 

そしてサザン。

桑田佳祐ユーミンとの芸能史に残る掛け合い。

すげぇもん見た……

自分がPerfumeのライブで横浜にいたころ、4000万人は紅白を見ていた。

昭和と平成のポリリズム

ひとり元旦の夜に余韻に浸っていたが、ちょっと待って欲しい。
本当にこれでよかったのか。
平成最後の紅白の〆が、昭和の曲で終わる。

そんなときにちょうど年末に読んでいた『サブカルの想像力は資本主義を超えるか』を思い出した。

昭和三〇年代までは「昭和」が世界の前提だったのです。この日本でしか通じない「昭和」でイメージされていた時代までは、日本という国民国家がおおむね、生きる世界のすべてだった。自分が生きる世界というものを直感的にイメージするとき、国民国家が参照されていたわけです。  
しかしグローバルな世界を意識し始めた時には、もう日本のローカルな年号では、自分たちの時代を表現できなくなってくる。「一九八〇年代」という言い方をするしかなくなってくるのです。  

言われてみれば、平成10年代と言われてもどんな時代か思い出せない。
でも、90年代、00年代、10年代ならすぐにわかる。

そういえば僕の親は、「『平成15年』より『昭和78年』のほうがわかりやすい」なんて言っていた。
平成という時代は意識されなくなり、
昭和との境目はぼやけ、
昭和の延長線上に平成があった。

だから、
ムリヤリ“平成最後の紅白”と銘打つなら、
昭和もひっくるめて総括するのは当然だった。

 

平成30年の紅白歌合戦は、昭和93年の紅白歌合戦だった。

 

昭和と平成はポリリズムしていた。

 

2019年

新しい時代がはじまるなら、
Futrueの先陣を切るのがPerfumeだったら嬉しい。

2018年に読んだ本107冊の中から面白かったの7冊

2018年に読んだ107冊の中から特に面白かった本

サリン事件死刑囚 中川智正との対話

 

「いいえ、1番恨んでいるのは警察です」
「それはなぜですか」
「坂本事件のときも、上九一色村の施設建設のときも、警察への訴えはみは無視された。もしあの時警察が行動を起こしていたら、地下鉄事件も起こらず、主人が亡くなることもなかったのです」

地下鉄サリン事件がおきたのは僕が小学生のとき。当時のことはぼんやりとした記憶しかない。
大人になってからWikipediaオウム真理教についてちょいちょい読んでいる。
関連人物だけで60ページ、関連事件が38ページ。沼は深い。

この本は台湾人で毒物専門家のアンソニー・トゥ氏がサリン製造に関わった中川智正死刑囚と面会した内容がまとめられている。

社会学や心理学的な背景からオウム事件を考える本は数あれど、化学的な観点からオウムの化学兵器製造に迫った本はこの1冊だけではないだろうか。

地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさんの「サリン関係の本は大抵読んだが、自分の知っていることが多かった。しかし先生の本には半分ぐらい知らないことがあった」とう言葉がこの本の貴重さを物語っている。

京大卒で医者という誰もが羨むエリートの中川氏がなぜサリン製造に手を染めたのか。
オウムが生物兵器を断念して化学兵器製造に舵を切ったのはなぜか。
なぜ他の毒物ではなくサリンだったのか。

理系エリートにこそ読んでほしい一冊。

 

デジタルネイチャー

 

約2400年前に荘周が到達した言語を超越した世界認識は、今日、計算機の処理速度向上と統計的データ処理がもたらす自然化によって、実装されつつある。
 

よく胡散臭いと言われる落合陽一氏。
それは落合氏が社会的・政治的・経済的課題の乗り越えに首を突っ込んでいるときは統計的データに基づく議論がすっぽり抜け落ちて、何か語っているようで何も語っていない状態に堕ちていることが理由だと思う。

一方で、『魔法の世紀』に代表されるように哲学と思想にテクノロジー・アート面から大胆な考えを披露する落合氏の考えは、今を生きる僕にとっていろいろな気づきを与えてくれる。

本書は「個人」「平等」「自由」などの概念はフランス革命以降たかだか200年の<近代>であり、それをそろそろ超克しようじゃないかという内容。

まえがきがタフで、わずか31ページを読むのに1時間以上かかった。
しかし、まえがきの内容さえ頭に入れば以降の議論は滑らかに読めるようになっている。

落合氏の考えが正しいとか素晴らしいとかではなく、「あり得る未来のひとつ」として、過去の常識に縛られずに生きていくヒントを与えてくれる。

 

超日本史

 

アイヌに特徴的なのは、東アジア人にはないグループYが二割を占めることです。Yはカムチャツカ半島や東シベリアの先住民に特有のタイプです。五〜十世紀に樺太・千島・北海道の北岸で漁労生活を営んでいたオホーツク文化の女性たちが、アイヌに伝えたDNAかもしれません。だとすれば、アイヌとは縄文人とオホーツク人との混血であるということになります。コロボックル神話は、オホーツク人との交流の記憶かもしれません。

文化人類学の本が好きで何冊も読んでいるが、この本が特に面白いのは史料のない時代について記述した序盤。例えば縄文人弥生人の由来について遺伝学的な最新の知見から民族移動を推測している。また『古事記』『日本書紀』に記載された建国神話についても遺伝・民族移動・他国の神話から尤もらしい仮説を描き出している。

あとこの本の何がいいってPrime Readingで無料で読めること。
Prime Readingに追加される前に買ってしまった。

 

人体600万年史

 

この本で論じるのは、私たちの社会が総じて人類の進化のことを考えそびれているために、予防可能な病気を予防できなくなっている、ということである

この本は進化医学をテーマにしていて『GO WILD』と通ずるところがある。
ヒトの進化適応の結果と現代生活がいかにミスマッチしているかを丁寧に説明してくれる。

何かの病気は他の有益な適応の副産物なのであれば、適応できていないのはヒトではなく、ヒトが創り出した社会のほうなのかもしれない。

 

絶滅の人類史

 

ネアンデルタール人に象徴化行動の証拠がほとんどないのは、やはり社会的な基盤が弱かったということだろう。そしてそれは、ネアンデルタール人が簡単な言語しか持っていなかったことを反映している可能性がある。

文化人類学の本は上下巻に分かれてたり400ページ以上あって重たく分厚い本が多い。そんな中この本は新書ということもあってもかなり読みやすい内容になっている。

(『人体600万年史』+『人類進化の謎を解き明かす』)÷2みたいな本。

 

宇宙に命はあるのか

 

ヒトラーフォン・ブラウン。2人の男は全く違う夢を持っていた。だが、夢を実現する手段がロケットであることは同じだった。そして夢の実現のためには手段を選ばないのも同じだった。ヒトラーは戦争に勝つためにフォン・ブラウンの技術が必要だった。フォン・ブラウンは宇宙へ行くロケットを作るためにナチスの金が必要だった。利害関係は一致した。

新書だけどレトリックな叙述で物語を読んでいるかのような読み味が「宇宙」というテーマと合わさって浮遊感を与えてくれる。

科学者と宇宙開発がナチス・ドイツや冷戦を利用したという一般論とは逆の見方を教えてくれる。

 

誰もが嘘をついている

 

「夫は……」という語句と合わせて、「私に授乳してほしいのか」という検索がダントツに多い国はインドだなんて思ったことがあるだろうか?さらに男に授乳しているシーンを含むポルノの検索も、インドとバングラデシュではどんな国より4倍も多い。

人種差別的検索が多いのはアメリカ北部ではなく東部である。

男がペニスの大きさに匹敵して気にしているのはアソコの匂い。

女性のポルノ検索の25%は恥辱的な内容。

などなど…人の言葉ではなく(Google検索の)行動を信じろという内容。俗っぽさと真面目さが混じり合って飽きずに読める。

2018 マイベストディスク5

『じゃぱみゅ』 きゃりーぱみゅぱみゅ

 

えんえんえんえん 演歌ナトリウム

初めて聴いたとき「俺の知ってるきゃりーが帰ってきたああああああああああああ」ってなった。
意味わからんけどクセになるあの感じ。バーチャルぱみゅぱみゅ、音ノ国、とどけぱんち、演歌ナトリウム……

ヤスタカやってくれたな。。。

 

夏至/五月雨』 崎山蒼志

 

リアルタイムで見た日村がゆくの『五月雨』で衝撃。
さらに日村がゆくの夏フェスで披露した『夏空』がさらに良い。
曲の終盤、新しい展開に突入したと思ったら不意に「ふっ…」と終わるのが、まさに夏空に放り込まれたような余韻を残すのが好き。

 

『DANCE TO THE MUSIC』 Shiggy Jr.

 

「声が可愛いから」という理由だけで前作を聴いていたが、この1枚で一気に肩の力を伸ばして自由になった印象。
Shiggy Jr.本人たちが「音を楽しんでいる」のが伝わってくる。
ギターの原田がボーカルをつとめる『you are may girl』も良い。
ただ、これがShiggy Jr.の最高傑作で終わりそうな予感もする。

 

『Sanfransokyo girl EP』 Satellite Young

 

80年台アイドル歌謡曲×テクノサウンドという個人的ストライクゾーンど真ん中なSatellite Young
ヤスタカ好きな人ならSatellite Youngも好きだと思うんだけどどうだろう?

 

『ジェニーハイ』 ジェニーハイ

 

川谷絵音マジ天才だろ……」ってなった。